Rappelz Wiki   » Rappelz Wiki » ダンジョン心得 の変更点

15: - no date - ソース バックアップ No.15 を復元して編集 現: 2014-08-25 (月) 21:33:52 ラペプレイヤー[ASbgdwN9nZI] ソース 編集
With "pcomment" plugin. (Only touched)
Line 1: Line 1:
 +*ダンジョンPT心得 [#c1f6d214]
 +ダンジョンPTに参加する際の心得などをまとめてあります。
 +初心者の方は一度目を通してみる事をお薦めします。
 +#contents
 +**ダンジョンPTで必要なアイテム [#x12160b7]
 +***必須アイテム [#p7c04fe9]
 +-''ルナチップ''
 +&color(red){''忘れずに必ず持っていきましょう''};。
 +エル=カシアダンジョンあたりまでのフルPT(パーティーメンバー8人)なら1時間あたり1000〜2000個(1000個パックx1〜2個)用意していけばよいでしょう。
 +
 +-''移動POT (風のポーション)''
 +狩場への移動を含めて最低でも7〜10個、釣りを担当する事が多い遠隔攻撃職なら、狩りの間切らさずにいられるだけの数を持参しましょう。
 +これがあるのとないのとではダンジョン内を移動中に敵から殴られる回数がけっこう変わります。
 +
 +-''MP回復アイテム (お茶、青POT、青書)''
 +MPはスキルや魔法を使用する際に必要で、どの職であっても枯渇することは望ましくありません。
 +現地調達が出来ないお茶系は忘れずに購入し、青POT(ブルーポーション)・青書(マナ回復の呪文書)とともに、お茶は20〜、Potは60〜を目安に持っていきましょう。
 +MP総量は職や装備等によって変わりますが、MPの減り具合や回復量を見つつお茶や青POTを使用し、25%を下回ったまま放置しないようにします。
 +状況によってはCTごとにがぶ飲みし、それでも足りなければ自分に青書を使います。
 +使用するスキルLvを下げるなど工夫してMPを切らさないようにやりくりしましょう。
 +また''青書は自分だけでなく他人にも使える''ので、MP切れしそうなメンバー(''特に''&color(red){''クレリック系や壁役''};)に使ってあげるとPT全体が楽になり、円滑に狩りが進められます。
 +たくさん手に入るアイテムではないですが、必要なところではケチらずに使いましょう。
 +青書はショートカットに入れておくとすぐ使えるので、MPの減っている人に積極的に使うクセをつけておくと吉。
 +
 +-''復活の呪文書''
 +ヒーラーやペットが死んでしまった場合の緊急復活に役立つので、必ず2〜5枚は携行しておきましょう。
 +ただし、死亡で失われた経験値の復旧は無いので、他の蘇生手段がとれない場合の使用に限られます。
 +&color(red){''くれぐれも相手の同意を得ずに使わないように。''};(高レベルになるほどトラブルの原因になることが多くなります)
 +常時入れておかないでもいいですが、PT参加の準備中にショートカットに入れておくと、いざというときスピーディに行動出来るので良いかもしれません。
 +尚、自分が死亡した際に、これで復活させてもらっても構わない場合は、速やかに「書でお願いします」「紙お願いします」といった具合に申告しましょう。
 +
 +-''体力指輪、体力石''
 +''体力''は最大HP、物理防御力、HP回復力に大きく貢献してくれるので、ステータスに関して詳しく分からないうちは、どの職業もまずは体力重視にしていくと失敗はないと思われます。
 +''耐久力UPはヒーラーへの負担軽減になり、ひいてはPTの安全性・効率UPにも繋がるので''&color(red){''かなり重要''};。
 +余談ですが、機敏や素早さ石での回避は同格以上の相手には劇的な効果がないので過度の期待は禁物。
 +
 +***あると便利なアイテム [#m22464bb]
 +
 +-''HP回復アイテム (肉、赤POT、赤書)''
 +赤POTは普通にプレイしていれば余るアイテムなのでケチらず使って問題なし。
 +死ぬ危険性やヒーラーの負担を軽減できます。
 +''肉はPTで壁になる人はほぼ必須。''それ以外の人もあれば緊急時の危険性が減ります。
 +また、肉や赤POTは現地集合する際に使うと道中での死亡率が下がります。
 +
 +-ヘイストPOT、詠唱POT
 +劇的な効果ではないけど、あると戦闘力が若干上がる。
 +不足するようなものでもないので常時効果を維持するように使いましょう。
 +
 +-ベルト用ペット
 +ペットのうち亀/オーク/イエティはLv40で体力、Lv90で防御力が上がる「カードステータス:○○」を覚えます。
 +これを覚えた後にベルトにさしておけば体力が6%(イエティは11%)上がるので耐久力が増します。
 +なのでもし余裕があれば、一体くらいは安価で入手可能な亀を40まで育てておくか、競売や露店などで入手しておくと便利です。
 +もちろん上位性能を持つオーク(力・体力5.5%)、イエティ(11%)でも構いません。
 +
 +-羽根系、ソリ系 (課金アイテムのソリなど。移動速度UPやワープ)
 +必須ではないけど、カニや目玉以降のPTならあると便利。
 +水晶以降、特にパルミルでPTをやる際にはソリと羽根があると非常に便利。
 +なくても集団で移動すればどうにかなるけど、集合に時間がかかったり道中で死ぬ危険性はある。
 +
 +-機敏装備
 +上級装備には「機敏」(移動速度・回避率が上昇する)オプションが付いたものがあります。
 +ダンジョン内移動の際に、機敏装備に変更すれば移動がずいぶん楽になります。
 +指輪x2、両手武器の効果が大きいので、まずはこれらの入手をお勧めします。勇猛クラスでも充分です。
 +移動用の武器や防具には機敏と体力が上がるソウルストーンを装着するとよいでしょう。
 +移動装備・戦闘装備への着替えは、パーティメンバーから&font(Red){やや離れて};行いましょう。
 +(2012/07/11現在、人のそばで着替えると周囲の人のクライアントが不正終了してしまうことがある不具合があります)
 +
 +-スタミナセーバー(通称SS、セーバー)
 +これを使うと取得経験値・JPが倍近くになる。
 +お金に余裕があれば買ってみてもいいかも。高Lvになると大半の人が使っているようです。
 +
 +-青ピクシー、亀(Lv45↑)、オーク(Lv45↑)イエティ(Lv45↑)
 +このへんは最初のうちは気にしなくてOK。お金に余裕があれば考慮してみよう。
 +--青ピクシーは数少ないヒーラーとして活躍できるので、PT戦でもとても役に立ちます。
 +回復の補佐をする事で、クレリック系の人のMP管理を補佐する事ができます。
 +サブペットとしてとても優秀。
 +--亀、オーク、イエティはペットの中では火力が高く比較的頑丈で、覚える結束も優秀な為、攻守に渡って活躍できる存在です。
 +--全てのペットはLv90で2個目のカードステータスを覚えます。
 +特にイエティ(体力+11%、防御+11%)やオーク(力・体力+5.5%、物理攻撃力/防御力+5.5%)あたりがベルトにいれば心強い。
 +
 +-強化POT
 +--赤・青ポーション+練磨された鋼鉄+ポーション強化試薬を合成すると、効果が3倍の強化ポーションを作ることが出来ます。([[詳細:http://www.kit-a.net/rappelzwiki/modules/xpwiki/index.php/%E5%90%88%E6%88%90#g493b59d]])
 +--風・ヘイスト・スペル各ポーションは結合または練磨された鋼鉄や太陽の刺花種子などと合成することで強化ポーションを作ることが出来ます。([[詳細:http://www.kit-a.net/rappelzwiki/modules/xpwiki/index.php/%E5%90%88%E6%88%90#o0021715]])
 +--上記の試薬や種子の入手については[[合成-合成式-スキルカード系-スキルカード分解:http://www.kit-a.net/rappelzwiki/modules/xpwiki/index.php/%E5%90%88%E6%88%90#b5e42a24]]参照のこと。
 +
 +**PT募集について [#w72febab]
 +大別してPTにはペアやトリオやカルテットなどの少数PTと、5人〜8人で組む大人数PTの2種類があります。前者は3沸きなどの乱獲に向いており、後者はBOSSが沸く部屋での狩りなどに向いています。
 +どこで狩るにせよ、最低でもクレリック系が一人は必要になるので、募集の際には必ずクレリック系を入れておきましょう。
 +以下は具体的な募集の一例です。
 + 例)
 + 月光2ケロロPT募集 Lv30〜40の前衛さん@1名 回復@1名 ささよろ
 + QD西回り育成不可PT Lv155〜 壁@1 遠距離火力@2 獣&呪(外可)各@1 マジ@1 回復(メイジ優先)@1 3周予定 WisPlz
 +
 +募集シャウトをする際、特に重要なのは以下の2点。
 +-&color(Red){場所};はどこなのか、&color(Red){Lv帯};がどのくらいなのかを必ず書く。
 +-&color(Red){必要な役割};(火力担当か回復担当か釣り担当かなど)と&color(Red){人数};を明記する。
 +各職業の主な役割については後述してあります。
 +詳しくは各職業のページを参照しましょう。
 +
 +募集をかける前に行きたい場所が空いているかどうかシャウトで確認してみるのも○。
 +ただ現地の方が見ていないケースもあるので、''到着して使われていても文句を言わない''こと。
 +原則としては先に使ってる人が優先です。
 +以下は確認シャウトの一例です。
 + 例)
 + 月光1ダトリアン使用中の方はいませんか?お手数ですがささやきをお願いします。
 +返事が無くても念のために再確認をしておくとベターです。
 +
 +大人数PTで長時間やる場合は途中で交代が発生する事がよくあります。
 +その際は離脱前に募集をかけて交代がスムーズにいくように心がけましょう。
 +-交代メンバーを確保して尚且つ現地に到着する時間を踏まえて、離脱する20分以上前に交代申告するとよいでしょう。
 +それより遅いとPTに迷惑をかけることが多いので注意しましょう。
 +(パルミル遺跡は広いので、それより早く申告する必要があるでしょう)
 +
 +**注意事項と目安 [#ja0ed710]
 +***ダンジョンへの移動 [#h0d00198]
 +-初めて行く場合は、入り口の場所を確認しておくこと。
 +--月光・坑道・水晶・パルミルダンジョンには1と2があり、入り口の場所が異なるので間違えないように注意。
 +--オンラインヘルプ(Alt+H)→上級者ガイド→ダンジョン→ダンジョンシージ で確認できる。
 +-乗り物から落下(数秒間行動不能になる)するのが怖い人は、敵が見えたら乗り物から降りて走る。
 +--ほとんどのダンジョン内部では乗り物が使えないので、風POTを何個か持っていくと良い。
 +
 +各街のテレポーターを利用する場合は、以下のところに飛ぶと良いだろう。
 +月光・・・ホライズン→月下の共同墓地
 +坑道・・・ホライズン→竹森
 +水晶・・・ロンド→水晶の山
 +パルミル・・・ロンド→パルミル高原入口
 +エル=カシア・・・都市遺跡→滝中継、ラクシ→セイレーンの島→(徒歩)
 +雪原・・・ロンド→パルミル高原入口→(徒歩)、シクルト→忘れられた秘密の島
 +
 +尚、所属しているギルドが狩り場のダンジョンを所有している場合は各街のテレポーターから直接入り口に飛べる。
 +
 +***職別のPTでの役割を覚えていきましょう [#z246ee54]
 +一般的なPTにおける主な役割
 + 壁(タンク):ナイト、ウォリアー、重戦士
 + 回復(ヒーラー):クレリック系、呪術師系
 + 足止め:マジシャン系、サマナー(BS)、呪術師系
 + バフ:クレリック系、呪術師系、マジシャン系
 + ペット管理(バフ&HP&ペット死亡時の復活など):ブリーダー
 +各職業の役割については職業ごとのページを参照されたし。
 +もっと大雑把に分けると、
 + 回復:クレリック系
 + 釣り:遠距離攻撃職、アサシン(上位ダンジョン)
 + 火力:その他の職全て
 +釣りができる職も火力とする場合が多いです。
 +
 +なおチップ担当(ピッチャー、Pとも呼ばれる)は職に関係なく誰でも可能ですが、前衛職が担当する事が多いです。
 +毎回全部の職業が揃うわけではないので代役を立てる事もあります。
 +(Lv1ルナチップスキルを使ったチップ釣りなど)
 +大人数の野良PTの場合、クレ系1〜2名と壁職1名、その他を何名か募集するのが主流。
 +少数PTの場合は全員が攻撃に参加する事が大前提となるので戦力として使えるペットが必須です。
 +基本的にクレ系はPTMのHP維持などで忙しいので、チップ担当や釣りは他の職業が担当した方が上手くいきます。
 +タンクとしての安定度はナイト>>ウォリ>重というところですが、壁担当といえば大体この3職です。
 +一般的な乱獲PTでは安定度は大して変わるわけではありません。
 +
 +***PTで心掛けること・注意すること [#sa47a927]
 +-応募〜集合〜準備
 ++PT募集時に提示されたLvの範囲内のキャラで応募しましょう。(募集者の名前をメモしておくと吉)
 ++狩場や職に慣れていないときは、正直に伝えましょう。(貴重なアドバイスがもらえたりします)
 ++ドロップの配分等については、戦闘開始前にきちんと取り決めをしておきましょう。
 ++必須アイテム(チップなど)は必ず持って行きましょう。
 ++ペット職は、育成途中のペットよりも、PTに貢献出来るペットを召喚しましょう。
 + (ペット育成は、育成PT等で育てましょう)
 ++同種のバフ職が複数いる場合には、誰がバフを掛けるのか決めておきましょう。
 ++釣り役は臨機応変に、PTの構成などでその時やれる人が率先してやりましょう。
 ++PTL(リーダー)の指示はしっかり聞き、素早く対応しましょう。(全てをリーダー任せにするのではなく話し合うことも大事です)
 ++集合の際になるべく死なないようにしましょう。(肉・風POT・回復ペットを旨く活用しましょう)
 ++集合時間には遅れないように注意しましょう。遅れる場合等はきちんとチャットで知らせることも大事です。
 +-戦闘開始
 ++PT中の長時間離席や、寝落ちしたりしないように、無理なプレイはしないようにしましょう。(緊急時にはチャットで一言伝えましょう)
 ++クレリック系や呪術師系はバフや回復がメインの仕事になります。PT全体の状況をいつも把握しておきましょう。
 ++スキルを使って、うまく立ち回りましょう。
 ++チャットでの指示を見逃さないように注意しましょう。
 ++攻撃対象の敵を見極めて、誤った(チップが当たっていない)敵を攻撃しないようにしましょう。
 ++P役でないのにチップを投げるとメンバーが混乱しますので気をつけましょう。
 ++基本的に壁役より先に攻撃しないように気をつけましょう。
 ++断り無くメインペットを変えないようにしましょう。
 ++ナイトメアや封印などで「足止め」されている敵を誤って攻撃しないようにしましょう。
 ++メンバーやペットが死亡した際は、復活させてよいか必ず確認しましょう。(課金品の復活アイテムを使う方もいます)
 +-戦闘終了
 ++(チップが後回収の場合)チップの清算が終わってから、帰還しましょう。
 +
 +''PTは一人では倒すことの困難な敵を協力して倒したりするわけですから、いいかげんな事や手抜きをせず、その時自分が出来ることを一生懸命やりましょう。''
 +''自分の役割を考えながら行動するよう心掛けましょう。''
 +
 +**現地集合の際の移動について [#c0ea21c4]
 +(以下、MMO Stationのスレッドから一部転載、改編)
 +
 +交代要員としてPTにいく際にはダンジョンの強い敵がうじゃうじゃいる中を通っていかなければなりません。
 +慣れないうちはPTの所にたどり着く前に死んでしまうこともあるでしょう。
 +自分が死にたくないのはモチロンですが、現地にいるPTメンバーも交代さんの到着が遅れたり死んだ人を救出に行ったり
 +すると時間かかって迷惑だし危険も伴うので、なるべく死んで欲しくないものです。
 +死にそうになった・死んだことがある・いっつも死んじゃうって人はここを一読しましょう☆
 +
 +
 +※交代要員が複数いて一緒に行ける、出発前にバフをたくさんかけてもらえる、課金アイテムの羽を使える、などのシチュエーションではそれを活用して安全に行ってください。
 +----
 +''前段階''
 +出来る範囲で装備を充実・強化しておきましょう。
 +具体的には、防具の強化・鍛冶精錬と装備への体力石投入などが挙げられます。
 +特に''体力は重要''です。出来る限り上げておきましょう。
 +また、途中で道に迷ったりしないよう先に道順と目的地の場所を[[ダンジョン案内>ダンジョン]]で下調べしておくと良いでしょう。
 +----
 +''PT行く前の持ち物(死にやすい人編)''
 +このページ上部に書いてる必須品の他に、戦闘不能になりやすい職は
 +次のようなものを持っていくと良いでしょう。
 +-盾
 +未強化・未鍛錬であっても持っているとある程度ダメージを防いでくれることがあるので安定感が増します。
 +体力・素早さのソウルストーンを入れておけば良いでしょう。
 +余裕があればある程度 強化・鍛錬しておくとさらによし。(しかし盾を強化するよりはまず自分の鎧を強化した方がいい)
 +-イベント期間の回復アイテム
 +団子・キャンディーなど。効果は小さいもののCTが短めです。
 +-マスク、マントなど
 +課金アイテムですが、防御効果がそれなりにある。
 +
 +----
 +''ダンジョンの入り口に着いたら''
 +-装備を体力重視につけかえ、体力が上がるペット(亀5%/オーク5%/イエティ10%)をベルトに装備しましょう。
 +-可能であれば、防御力が上がる結束が使えるペット(亀/オーク/イエティ)を召喚します。
 +-ショートカットの押しやすい位置に赤POT・お肉・HP書…など持ってる回復アイテムを並べます。
 +-移動速度UP、防御関連のバフがあればかけなおす。
 +-風POTを飲み、HPが最大であることを確認したらスタート!
 +
 +☆パソコンのスペックが低い場合はオプションで軽い設定に調節した方がいいですが、
 +周りの人が見えないと色々と危険なこともあるのでキャラ表示距離だけは長めに設定しておきます。
 +☆長時間パソコンやRappelzを起動してた場合、時間に余裕があればダンジョンに入った時に
 +パソコンの再起動をするとラグが起こりにくくなります。
 +
 +----
 +''移動中''
 +-''少しでも危険と感じたら素早くキャラチェンジ(CC)を心がけましょう''
 +早め早めのCCを心がけておくと死亡率がぐっと下がります。(ショートカットはAlt+Z)
 +クレの場合はリストレ、呪術の場合は水をかけてからCCしておくとログアウトに時間がかかっても
 +若干死亡率が下がります(詠唱時間考慮)。
 +-地形に引っかかって途中で止まらないように早め早めに進行方向をクリックするよう心がけましょう。
 +-基本的に敵は大回りにかわします。そうするとあまり攻撃が届きません。
 +-逆に敵の群れや遠距離攻撃をしてくる敵の近くを通らなくてはならない場合は最短ルートで進みます。
 +ディップイベイジョンなど回避や防御系のスキルがあれば使うと良いでしょう。
 +(詠唱があるものは厳禁)
 +-ダメージを受けたら早めに回復アイテムを使います。書は画面左上の自分をクリックしてから。
 +-肉以外のHP回復アイテムは使うと移動が止まるので、追いかけてくる敵との間隔が
 +狭まっている時使うとかえって危険になるので注意が必要です。
 +-''敵を連れているときに人が見えたら余裕を持って手前でCCしましょう。''
 +そのまま通過しようとすると追跡してきた敵が他人に流れてMPKになる場合があります。
 +特に2010年現在、ダンジョンMOBのHPは以前と比べ物にならないくらい増大しており、異常なまでに
 +火力過多な状態でもなければ殲滅が絶対間に合わないので、悪ければ全滅させてしまうかも知れず
 +良くても相手側にリログを強いることになってしまいかねません。
 +カメラアングルや地形によってはギリギリまで見えないこともあるので、戦闘の音が聞こえてきたら
 +CCの準備をしておくのもいいかも知れません。
 +-''集合場所に着いた時も敵の追従を切る為にいったんCCをしましょう。''
 +**パーティマニュアル(釣り、P、壁、回復など)[#u55de794]
 +***ピッチャー(P)、チッパーのやり方 [#b6dcdbe0]
 +Pの役割は釣り担当の方が釣ってきたMob等に対してチップを投げる事です。
 +一般的に&color(Red){前衛職(壁役)};が担当します。
 +PTMはPの投げたチップに続いて攻撃に参加するので、投げたあとは即攻撃を仕掛けましょう。
 +''基本は早めを意識して一番近いMobに投げること''。
 +1チップで狩れないようであればチップの効果が途切れないように、
 +対象Mobにかかったチップの残り時間を見ながら次を投げましょう。
 +投げる際のターゲット指定のやり方としてはTabキーを使うのが一般的です。
 +あるいは直接敵をクリックでも構いませんが、Mobは動き回っているのでやや難しいかもしれません。
 +クリックで直接指定する場合、PTメンバーやクリーチャーなどがMobに重なってしまうと指定しづらく、
 +チップを投げる速度も落ちてしまうので基本的にTabキーを使うのが良いでしょう。
 +殲滅が早い乱獲PTの場合、Mobを倒しきる前に次のMobにチップを投げておくと狩がスムーズに行えます。
 +ある程度慣れてきたら、手近な場所に出現したアクティブ(攻撃的)になっていないMobを直接チップで先釣りするのも手です。
 +
 +狩場のMOBのレベル(ランク)に合わせて、ルナチップスキルのレベルを調節します。
 +>MOBレベル21〜50の場合→ルナチップスキルLv2
 +MOB 51〜80→Lv3
 +MOB 81〜100→Lv4
 +MOB 101〜120→Lv5
 +MOB 121〜150→Lv6
 +MOB 151〜180→Lv7
 +MOB 181〜→Lv8
 +※ランク下限のMOBには、1レベル下でもほぼ当たります。(例・MOBのLv102にLv4)
 +
 +レベルを調節したルナチップスキルに加えて、ルナチップ(開封したもの)・ルナチップ(パック)をショートカットに登録しておけば、常にチップ残量が把握でき、素早くパックを開封することが出来て便利です。
 +
 +***釣りのやり方 [#od1fdfaf]
 +釣りの役割は文字通り、自分自身を餌にして敵をPTMの近くまでおびき寄せる事です。
 +かなり地味な役割ですが、PT全体をある程度コントロールする立場なので非常に重要です。
 +釣り自体はどの職業でもできますが、足の速い職や遠距離攻撃職が担当する事が多いです。
 +具体的には、&color(Red){狩人(弓もち重戦士)、レンジャー、バトルサマナー、ブリーダー、アサシン};といったあたりでしょうか。
 +パルミル3沸きなどの狭い場所で狩りをする場合は、チップで直接Mobを釣る事ができるので、
 +釣り担当を必要とせず、普通の火力として参加するのが一般的です。
 +釣り担当は役割上、常に走り回ることになるので、足が若干早くなる風POTを常時使用しておきましょう。
 +>基本的な釣り方
 +-射程と詠唱時間の長い魔法を詠唱キャンセル(詠唱中にESCキーを押す)
 +ヘイトをほとんど稼ぐことなく釣れるので(=簡単に引きはがせる)、最も堅実な釣り方と思われます。
 +なお、フィールドや月光のMobの一部は詠唱反応で釣る事ができないので注意。この場合は、下記で釣ります。
 +-Lv1ルナチップスキルを使う(主流)
 +非常にお手軽で簡単ですが、スキルのCTがあるので連続して釣るのには向いていません。
 +-弓や詠唱とCTの早い攻撃魔法で直接攻撃
 +これも簡単ですが、若干ヘイトを稼いでしまうのでMobを剥がしづらくなります。
 +釣り用にR1の石弓を使うという手も。
 +&br;
 +-首尾良く敵を釣る事に成功したら、Mobに殴られない程度の距離を保ちつつ、仲間の待機している地点まで下がって敵をおびき寄せます。
 +-釣り中に回復魔法をかけてもらうとヘイトの関係で回復担当にタゲが移ってしまう事があるので、なるべく自力で回復できるようにポーションや肉などを常備しておくと安心です。
 +-想定外にたくさんのMobを釣ってしまった場合は、なるべく後方の敵に対して(※ここ重要です)ナイトメアや束縛の装填などのホールド系debuffを使って対処するのが良いでしょう。
 +-釣り終わってタゲを味方が剥がしてくれた後は、積極的に攻撃に参加するよりも、味方の戦闘状況を見ながら次に釣る敵の目星を付けておくのが良いです。
 +-常にPTが機能している状況になるよう、絶え間なくMobを釣ってくると効率良く狩る事ができます。
 +-激しい乱戦模様が続きそうな場合には釣りを一旦中断して味方の援護に回る事を忘れずに。
 +
 +***壁のやり方 [#v5f4391e]
 +壁(タンク)の役割は敵からの攻撃を自分に集めて味方を守る事です。
 +その為には敵からヘイト(恨まれ度)と呼ばれるものを上げる行為をする必要があります。
 +>ヘイトの上げ方
 +-ダメージを敵に与える。
 +(ヘイトはダメージに比例。ブレイカー系や気功速砲など、付与ヘイトがより高いスキルもあります。)
 +-回復やbuffなどを敵から狙われている人に掛ける。
 +(ヘイトは回復量に比例。敵から狙われてない人なら無関係です。)
 +-挑発などのヘイトを上げる効果のあるスキルを使う。
 +(アサシン以外の戦士系、ペットのヘイトオーラ等)
 +
 +>P壁役
 +-''チップを投げた後、&color(Red){初撃目二撃目には高ヘイトスキルを叩き込む。(アイコンが付くスキルがよい)};''
 +これは、チップに反応して攻撃を始めるPTMが多いのである程度ヘイトを稼がざるを得ないためと、アイコンが付くことによって[このMobのヘイトは稼いだので回復やBuffをしてもOKですよ]とPTMに知らしめることが出来る。
 +また、壁役以外の場合は、&color(Red){アイコンが付く前に攻撃等のアクションをすることは、控えたほうがよい。};特に、Pした後の0.2秒ほどの硬直の間にアクションするダメなPTMが多いので気をつけたい。
 +-''高ヘイトスキルを筆頭にした&color(Red){スキルコンボの順番を、2〜4パターン作っておく。};''
 +ナイト&クルセイダーなら簡単に思いつくが、ヲリ&ヒーローや重&剛、弓系で壁の場合CTとスキル数によってある程度絞られるため、考えておくとよい。
 +-''釣って来たMobを、いままで殴っていたMobを倒しきる前に、&color(Red){とりあえず1発いれておくのは控える。};''
 +まず、足止め(メア等)役に任せるべきで、叩いた後に回復やBuffされた場合、タゲが飛ぶことが多く、回復等かけた側には急にMobに殴られる感じとなる。
 +
 +役割の関係上、Mobからの攻撃が集中するので、できるだけ防御力の高い装備をしつつ、肉やポーションなどの回復アイテムを準備しておいた方がベターです。
 +
 +***キャッチのやり方 [#g2f3f5a9]
 +裏ダンジョンや、釣るのに広すぎる場所とかの限定的なPTでしか存在しない役割として、キャッチというのがあります。
 +キャッチの役割は、釣り役が持ってきたMobをPTMの近くに居る自分自身に引き寄せる事ですが、重要なのはそのMobを&color(Red){ちゃんとリリースして、壁さんにタゲ(=標的)を引き渡す};ことです。
 +理解していないPTMにはなんだコイツというかなり地味な役割ですが、狩りを高度にコントロールする役割なので非常に重要です。
 +基本的にどの職業でもできますが、遠距離攻撃が可能な職業(遠距離ペットや弓持ちもOK)が担当します。
 +ただ、&color(Red){釣り役のタイミングの見極め};と、&color(Red){壁役のタイミング見極め};および&color(Red){ヘイト管理とタゲ取り方法の熟知};をしていないと、邪魔でしかないことがあります。
 +具体的対策として、&color(Red){釣職&壁職を経験しておく};といいでしょう。
 +また、キャッチが必要な場合は往々にして高回転高効率等のシビアなPTなので心しておきましょう。
 +>基本的なキャッチ方法
 +-射程の長い魔法攻撃等を、壁役にはがしてもらえる威力で釣って来たMobにあてます。
 +釣り役が、キャッチしたことを解り易くしてあげるといいでしょう。
 +(釣り役に一直線に向かっていくMobの移動方向を此方に変えたり、ファイアアロー等のエフェクトが見えるスキルを使用する等)
 +釣り役が稼いだ速度差やチップ&攻撃のヘイトを、若干超えるヘイトを稼ぐことが重要です。
 +-キャッチしたら、壁役に剥してもらうまで待機(別の攻撃中のMobを叩いたり足止めしたり)してMobをおびき寄せます。
 +(殴られてもガマン出来るようにしておくと良い)
 +壁役にキャッチしたMobを察知してもらえなければ、ただのFA=アホでしかありません。
 +釣って来た=>キャッチした=>タゲとってーの流れを壁役に見えるよう(見せるよう)にしましょう。
 +
 +-魔法攻撃でキャッチ
 +非常にお手軽で簡単ですが、ヘイトを稼ぎすぎない様に別にLv1〜3程度のショートカットを用意しておくと良いでしょう。
 +-弓攻撃でキャッチ
 +これも簡単ですが、撃ちすぎてしまうとMobを剥がしづらくなるので、様子をみながら2〜5発で止めるようにします。
 +-遠距離ペットでキャッチ
 +これは難易度が高く、ただのFAにしか見えないことが多いのでオススメはしません。
 +高Lvペットのスキルでキャッチすると、剥がれないことが多いので、通常攻撃が良いでしょう。
 +
 +***回復のやり方 [#q6808f36]
 +-PTメンバーの援護の為にもMP管理が重要なので常にMP残量に気を配るべし。
 +回復系スキルはリストレ(リストレーション)・ヒール(ヒーリング)・ラピヒ(ラピッドヒーリング)いずれもLv1が最も燃費が良いが、&color(Red){状況によってLvを使い分ける};とよい。
 +-回復スキルは、基本的に、&color(Red){狩場にあわせた適度なLvのリストレを掛け、ヒール&ラピヒの適度なLvを補助的にこまめに使用};する。
 +リストレは、適度なLvとヤバいかな用(+2〜3)Lv、最大Lvをショートカットに入れておくといざという時に使える。
 +ヒールは詠唱速度が若干遅いものの、CTやMP消費などを総合的に見るとラピヒより効率が良い。適度なLv・最大Lvをショートカットに入れておく。
 +ラピヒはヒールより若干詠唱が早いので緊急時に最大Lvで使用すると良いが、消費MPが高いので高Lvラピヒの連発はしない方が賢明。
 +
 +-Lv90台まではMPが厳しいので、カード強化はバフ系より回復系スキルを優先したほうがいい。
 +-バフは基本的に25分ごとを目安に掛け直す。ただ裏PTでは、自分やPTMが落ちた時の事も考えて早目を心がける。
 +-いざという時のためにMPが半分をきりそうになったらこまめにお茶を飲む。
 +-全力でMP維持に努めてもきつい場合は、遠慮せず青書投げを要請する。
 +-緊急用に強化青POT(青POT+練磨された鋼鉄+ポーション強化試薬で合成可能。回復量3倍)を数本持っていくとベスト。
 +-回復に余裕があるなら火力貢献やデバフもがんばる。バフや回復だけで棒立ちというのはありえない。
 +-回復系ペットを使うとMP管理が楽になり、何かと余裕が出るのでおすすめ。
 +
 +-回復タイミングの見極めはMP管理に並んで重要。焦って回復し、ヒーラーがやられるとPT全体が崩れる可能性が高いことを覚えておこう。
 +-特に釣りがHPの減った状態でMOBを釣ってきても、釣りからタゲがはがれるまでその釣りに対して回復等を行ってはいけない。
 +うっかり回復すると自分にタゲが来て死亡するなど、かえってメンバーに迷惑を掛けてしまう。釣りに行く直前を見計らってリストレをかける。
 +バフも同様で、釣りがMOBを連れている間にバフをかけてしまうと自分にタゲがくるので気をつけよう。
 +
 +-BOSS戦などでの壁役のダメージを回復する場合は、リストレの最大Lvを先にかけてから適度なLvヒール&ラピヒ連打で凌ぐのがオススメ。高Lvの連発はあっというまにMPが切れるので厳禁。
 +
 +-飲み物、MPPotなどMP回復系のアイテムは常に持ち歩くようにしよう。
 +
 +&color(Red){回復=クレ系};という認識でほぼOK。&color(Red){青ぴくや呪が補助};として加わることもある。
 +
 +***火力のやり方 [#z6809c4c]
 +-''音をよく聞く。''
 +SEは、とても重要なインフォメーションである。チップの音、壁職のスキル打撃音がしてから、攻撃をしよう。
 +-''アイコンを確認する。''
 +まずチップアイコンを確認しないといけない。また多数のMobが来ている場合は、壁職スキルアイコンを確実に見てからのほうが身の為でもある。
 +-''臨機応変さが最も求められる。''
 +火力は基本的にどの職でもできるが、それだけに職の個性を生かした働きが求められる。基本的にはWikiの各職の役割を見てもらえればよいだろう。
 +全力で攻撃すればOK・・・と思いがちだが、PTによって火力を調整する必要がある場合もある。壁からタゲをはがさない程度に火力を抑える必要があったり、稀な例では壁に集中しすぎている場合、ある程度タゲを持つ必要もある。
 +-''遠距離職ではタイミングを計り、FA(ファーストアタック)をとらない。''
 +PTメンバーやペットが遠距離系ばかりなら問題はないが、近距離プレイヤーやペットがいる場合、攻撃の順番は考える必要がある。敵がうろうろしてしまうと近距離プレイヤーが殴れなくなってしまい、PTMに迷惑をかける。
 +弱攻撃連打よりも、壁に固定された敵に強攻撃のほうが安定はするため、FAして壁役のヘイトを稼ぐタイミングを奪ったり、こちらにMobが来るなどして、壁役を歩かせてしまうのは愚かしい。
 +レンジャーで火力として参加する場合はオブリビアンとダスクスタイルを併用して戦うのがよさげ。ヘイトをほとんど稼ぐことなく攻撃に参加できるので非常に便利。
 +
 +***足止めのやり方 [#df10261d]
 +-足止めは基本的にナイトメアを持つ職が行う。メア2人(メインメア・サブメア)で行うことも多い。また魔導師は、石化や封印、束縛ヤク召喚によってサブを勤めることが多い。
 +-魔法命中がある程度ないと、弾かれた上にタゲが来る場合もあるので注意。
 +バフ込みで、パル裏(黒炎)で230以上、パル裏(悪夢下)で260以上、エル裏(入口)で310以上、エル裏(奥)で340以上、タヘ裏(岩)で430以上、QD(西巡回)で550以上、QD(ブカダ)で670以上あればよいだろう。
 +表ではほとんど足止めの機会は無く、杖装備で精神石を全身につめておけばほぼ当たるが、裏では更に注視装備やベルト用セイレーン、セイレーンPOTを活用し魔法命中を上げる。
 +-ナイトメアは最大Lvで使用する。
 +レベルを上げるほど眠らせる時間が伸びる。カード強化しても消費MPが減るだけで時間は延びない。ソサはマジ時代からレベルが延びないため、効果時間はDM・BS(8秒)>ソサ(6秒)となる。
 +-スキルの優先順位
 +優先される足止めスキルは、ナイトメア(8〜6秒)>石化(8秒)&封印(22〜秒)>束縛(7秒)>ヤク召喚(10秒)となっている。
 +-足止め後自分で殴って解除してしまわないように注意する。
 +詠唱中〜詠唱直後にそばの地面をクリックする、詠唱中にTABでタゲを移すなど、防止策はいくつかある。
 +-効果時間が切れるとMOBが襲ってくるので逃げる準備をしておく。
 +-足止めの例
 +1.アサさんがMOBを2もってくる。
 +2.壁さんがチップを投げる。
 +3.チップがかかっていないほうをメインメアが足止め。
 +4.メアが切れる直前にサブが上書きして延長。
 +5.最初のMOB殲滅後、壁さんが引き受ける。
 +
 +**Rappelz内狩場ローカルルールまとめ [#o9e88e0a]
 +-狩場は基本&color(Red){先着優先、現地確認優先};。MOB数等その場の状況にもよるが現地で交渉してみるのもあり。
 +-ボス近くの&color(Red){小部屋};で狩っていても&color(Red){ボスの所有権};は発生しません
 +ボス→小部屋→ボスという移動しながらのPTの場合、途中でボスを狩る人がいても苦情等は言わないように。
 +-人がいる場合、自分が敵に絡まれているならCCを心掛けよう。
 +CCせずに数回MobをリンクさせてしまうとBanされるので、ルールというよりは自衛のためにしておこう。
 +通路などで狩る場合は人が来たら注意。特にソロの場合では自ら危険を回避することが必要です。また、リンクされた場合はSSを撮っておこう。
 +
 +一番大切なのは話し合い。人によってローカルルールの認識は違うので、いつも&color(Red){思いやり、譲り合い};の気持ちを忘れないで行動しよう。
 +
 +**コメント [#a7e591a3]
 +#pcomment


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 15324, today: 3, yesterday: 1
まだ、誰もつぶやいてくれないのだぁ〜 淋しいなぁ〜