我がラペブログ

イベントも最後の週ということで、お題のほうも最後くらい乗ってみることにする。
別に今まで参加しなかったわけじゃなく、書こうと思いつつ書くのを忘れたまま、
締切が過ぎ去っていっただけなんですけどね。

 

なんでブログを始めたかとか、覚えてないですね・・・。
でも、Rappelz初めて1年目か2年目のころにははじめてた気がするなぁ。

過去の投稿を読んでると、今はいない人の話だったり過去の仕様の話だったり
懐かしいなぁ、と思い出しますね。

ソーサラだったころにシージで自分の動きを正当化するために(?)何を考えてどう動くか、
自分の中のセオリーを書きつらったことのが、一番の黒歴史でしょうか。

蟹HPの管理人は、私2代目なのですけれど、色々ありました。
Wikiだって、もともとはその延長線上で始まったことでしたし・・・。
公式のデザインに似たテーマを選んだらすっげー叩かれたのも今となってはいい思い出。笑
蟹Blogの動画も、皆の協力なしでは実現しなかったですし・・・。
感慨にふけってしまいました。

まぁ、一時期やることがなくて、PKに走ったこともありましたねぇ・・・。

基本的には、このブログで書いてることは言い訳なんですよねー。
だってピエロだしー。

なんか、このお題アレだよねー。
ブログの内容がサービス終了したから書いてる内容になっていってるw
というわけで、今後も2週毎とかって感じで可能な範囲で、気長に
常時イベントとして続けてほしいなぁ。

 

話超脱線しますが、イベントといえば、ラペでやってみたいイベントがあります。
やっぱり3つの種族と3つの町があって、一応クエストだと各種族はいがみ合ってる
設定になってるんだからさ・・・。
町を占領せよ!みたいなイベントとか。

個人的には定期的にロンド襲撃とか、都市遺跡を守れ!とかっていう
突発イベントがあっていいと思うんだよなぁ。
仕様的に厳しいなら、それこそマレ村を守れ!ってできるんだし。

PKギルド作ってロンド襲撃できなかったのは今でも心残りです。

もうちょっとこう、伏線回収しないの?っていう。
ストーリーもーちょっと大事にしませんか?そっちも楽しみにしてんだけどなぁ。

ラペって、いわゆるMMO的なストーリーのイベント要素少ないよね。
GM主導のイベントはたくさんあって、それはそれでいいんだけどさ、
ストーリーの中で定期的に発生するイベントとか、あったらいいのになぁ。

強いて欲をいうなれば、グラフィックの更新(当初は綺麗だったが・・・時代の流れは残酷だ)、
シージを軽くすること(4PT フルの坑道だと動けないとか・・・。)
MobのAI刷新でさ、戦闘に歯ごたえを出すとかさ・・・。

期待は尽きませんね。

Rappelzの動画を撮ろう。

今回は、私流のRappelz動画の撮り方を説明したいと思います。
某所でリクエストがあったんですが、あんまりうまく説明できなかったから、リトライともいう。
ただし、今回のほうがわかりやすいかどうかはまた別の問題・・・。

では、まずは簡単な流れから説明したいと思います。
綺麗な動画を撮るためには、手間暇かかります。手順を無視してすっ飛ばすと、
見れなくはないけどなんか見てて疲れる荒い動画になっちゃいます。
動画を、生データで録画し、編集し、変換して、公開する。
基本的には4ステップです。

というわけで本日のお品書きはこちら。
■必要なもの(ハード)
■必要なもの(ソフト)
■撮る!
■編集する!
■変換する!
■公開する!

 

■必要なもの(ハード)

まず、動画を撮るにあたって必要なのは、ハードディスクの容量です。
私のやり方ですと大体1度のシージ(2時間)で200Gくらいあれば問題ないでしょう。

ただし、いくつかの制約があります。
まず基本としてRappelzのクライアントが入ってるHDDとは別のHDDにしましょう。
これを守らないとRappelzが重たくて動かなくなります。(守っても重いときはスペック不足です。)
私の推奨(というか環境)はUSB 3.0接続の外付けSSDです。

スペックが足りない人は、基本的には二種類の最低一つがかけていると考えられます。
1.CPUパワー
2.メモリサイズ

CPUパワーは、最近のゲーム用PCであればまず問題ないと思いますが、
メモリサイズは最低8G、欲を言えば16Gはほしいですね。
具体的にどのCPU使って、メモリ最低何Gあれば動画とりつつシージで動けるのかといわれると
正直わかりません。
ただ、ゲーミングPCと呼ばれるカテゴリのPCと同等の性能であれば、問題ないと思います。

 

■必要なもの(ソフト)

必要なソフトは3つです。

ロイロゲームレコーダー
http://loilo.tv/ja/product/game_recorder
Xmedia Recode
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/xmediarecode/
VideoPad
http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/vpsetup.exe

ロイロゲームレコーダーで録画し、VideoPadで編集し、Xmedia Recodeで変換します。
ロイロゲームレコーダーが個人的には、とっても簡単に撮れて、かつ軽いかなと思います。

VideoPadは、通常のページを案内すると有料版をゲットしやすいので、
あえて無料版へのExe直Linkにしています。無料版で十分です。

Xmedia Recodeは、多分ドイツ産の変換ツールです。
HTML5 mp4への変換が楽なので紹介しています。

ここで挙げたソフトは、もちろん他のツールで代用可能です。自分の好みに合うソフトを
見つけるのも楽しいかもしれません。

AMDのRadeonを使っていると最新ドライバにすると、付随するソフトで動画とれるんですが
これがなかなか曲者で、なぜか20分とれて次の10分くらい取れてないという意味不明なことに
なったので、それはやめたほうが良さげです。

 

■撮る!

ロイロゲームレコーダーを起動します。
Rappelzを起動していると、自動でラペが選択されます。
ただこのソフト、設定しないと使いにくいところがあるので、ぱぱっと設定しましょう。
あ!このソフトの編集するボタンは押しちゃいけません。これピエロさんとの約束ですよ!

SnapCrab_ロイロ ゲーム レコーダー 1100_2015-1-18_8-0-1_No-00

設定をしましょう!
設定する必要があるのは、保存先の指定と、ショートカットキーの指定、
後はビデオの品質設定になります。

まずは、保存先ですが、これは動画の一時保存先を選択します。200Gは空き容量が
必要なことに気を付けてください。

次にビデオ品質ですが、品質は99にしましょう。
ロイロゲームレコーダーで撮るのはあくまでも生データで、公開するデータじゃありません。
生データが綺麗じゃないと、変換するととても見れない、見てて疲れるザワザワした動画になります。

最後にショートカットキーですが、これがあるとロイロゲームレコーダーを起動して、ラペの画面
のままで録画の開始/停止が可能です。

参考までに私の設定はこちらです。↓

SnapCrab_ロイロ ゲーム レコーダー_2015-1-18_8-1-40_No-00

設定が終われば、Rappelzの画面で、ショートカットキーを押すだけ!
Rappelzで使ってるショートカットキーはダメですよ!Rappelzでだけ反応しちゃいます。
このソフトでは、動画を撮るだけ!です。編集や変換はしません。

後は試し撮りしてみて、使い方をマスターしてください。難しくないです。

 

■編集する!

編集に使うのはVideoPadです。
主に、動画の見せたくないところをカットしたり、チャット欄を見えなくするための編集を行います。

では、シージ動画のチャット欄を消すための作業を説明していきます。

SnapCrab_VideoPad 動画編集ソフト - 無題vpj (ライセンス無し)ご家庭での非営利目的でのご使用のみ_2015-1-18_8-10-12_No-00

まず、チャット欄を消すためには、チャット欄を隠すための画像が必要です。
めんどくさいことをいとわない人は、モザイクかければいいんですが、私は面倒なので
簡単にできる画像を上において隠す!という手を使います。

この手法を使うに当たって必要なのは、まさに画像、なんですが、隠したい部分に置く画像を
編集して、ちょうどいい感じにチャット欄を隠してくれる画像にする必要があります。

では、まずは自分が普段シージで使用しているチャット欄サイズに設定して、SSを普通にとりましょう。
たとえば、こんな感じに。↓

rappelz_screen_2014Oct30_22-12-23_00000000

で、これでチャット欄の部分だけをのこして、後はカットしてしまいます。
↓こんな感じ。

rappelz_screen_2014Oct30_22-12-23_00000s000

後は、このページを参考にして、白い部分を透過にします。
http://www.kuronowish.com/~django/photo/alpha/png_alpha3.html

これでチャット欄以外は完成です。後は!自分なりにデコりましょう。
↓こんな感じに。

Untitled-2

これで、チャット欄以外透過できました。後は透過PNGとして保存しましょう。

次に、BGMを用意します。BGMは著作権とかいろいろうるさいので、おすすめは公式で配布して
いるRappelzのBGMmp3です。
http://rappelz.gpotato.jp/library/sound/

ここのBGMを使ってRappelzの自作動画を作るのは昔GMさんに許可もらったので、多分OKでしょう。

では、VideoPadを起動しましょう。
新規Projectを作って、編集を開始します。

まず初めに、素材を投入します。
画像フォルダに、できたてほやほやの透過PNG画像を投入します。
次に、音声ファイルに移動し、Rappelz BGMを投入します。
動画ファイルには、録画した生データを投入しましょう。

※生データは、録画時間が長ければ長い程サイズが大きくなり、編集が大変(ソフトが超重くなります)になります。
重すぎて編集できない場合は、一度次の変換ステップで動画サイズを落としましょう。
そうすれば画質は落ちますが、編集可能になります。
スペックに自信ない人は、先に変換するほうが無難です。

222

music

vid

では、シーケンス1と書かれている、下半分の部分に目を向けます。
ここに、まずは動画ファイルをDrag and Dropします。

そうすると、二つある画面の右側にサムネイルが表示されます。
音声をRappelzのBGMのみにしたい人は、ここで動画の音声を最小にします。
バーを左端に持っていけばOKです。

mute

RappelzのMP3をDrag and Dropすると、音声トラック2というのができます。
後は、動画の分によって追加します。
最後微妙に余っちゃた!という余白時間は、ファイルを追加して、右端にカーソルをあてて
帳尻を合わせることで、調整可能です。

では、画像をDrag and Dropしましょう。
動画トラック2というのができて、画像が、細い線のような状態になります。

pic

わかりにくいですが、↑のような感じの線が動画の上に表示されます。
後は、これを動画の長さにまで頑張って伸ばします。
動画のファイルが重いと、この作業が超大変です。

p2

はい、これで編集は終わりです。
編集がうまくいっているかどうかは、右上の画面で確認できます。
111

最後に編集したファイルを出力しましょう。
推奨出力設定はこんな感じです。↓
最後の公開データへの変換までは、一時的なディスク容量を犠牲にして、最高画質で出力
させることを基本とします。

SnapCrab_動画出力オプション設定_2015-1-18_8-41-2_No-00

 

■変換する!

では、公開するためのデータへと変換しましょう。
Xmedia Recodeを起動します。

おススメの変換設定は、以下になります。
プロファイルはHTML5
サイズはHD mp4もしくはFull HD mp4
ファイル拡張子はmp4
ストリーミング- Fast StarはOnにしましょう。

SnapCrab_XMedia Recode 3212_2015-1-18_8-44-50_No-00

後は、編集してできた動画をここに追加して、選択した状態で、”リストに追加”ボタンを押します。
で、エンコードボタンを押せば後は待つだけです。

 

■公開する!

今だとYoutubeで公開するのが一般的なのかと思います。
完成したmp4を共有するもよし、Youtubeにあげるもよし!です。

ま、一部、レンタルサーバを持ってて、Wordpressで公開してるよ、なんていう
稀有な人がいたら、HTML5 のビデオストリーミングが便利です。

HTML5 mp4にしていれば、Youtubeでもちゃんと対応しているので
問題はおきないはずです多分。

レンタルサーバで公開する人は、使ってもいい帯域とかの制限に気を付けましょう。
私は動画公開でちょっと泣きそうになりました。

想像以上のアクセスという意味ではうれしい悲鳴だったんですが。

 

———————————————————————————————————————————

以上で、動画を撮ろう。のコーナーは終わりです。
あくまでここで載せてるのは私がやってるやり方というだけです。
他にも使いやすいソフトや、エンコーダーってのはたくさんあると思います。

また、詳しく紹介する気はありませんが、ハードウェアでこれを撮って変換までしちゃう!っていうのもあります。
http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c985.html

最後に、このページの方法を試して発生したいかなる損害とか問題とか諸々に対して、私は一切責任を持ちません。あしからず。

ではでは、よきRappelz lifeを!

© 2011-2017 マッドな言い訳日誌 All Rights Reserved © GALA JAPAN Inc. All Rights Reserved. © GALA Lab,Corp. All Rights Reserved. Supported by Kit-α Systems -- Copyright notice by Blog Copyright