津々浦々

ラペ、人少なくなってきてますねー。

でもシージやアリーナは逆に盛況といいますか、固定客しかいないと言いますか。

蟹公式での動画Blogメインで更新していたのでこっちでの更新は久しぶりになりますね。

やはり賢者だとアリーナがしんどいですね。
シージだと壁沿い移動とか、障害物を壁にするとか戦法が取れるんですが、だだっぴろいアリーナは、正直つらいです。

面白いんですけどね。

どう距離を詰めるかという命題がアリーナでは付きまとうので、他のプレーヤーに連動したり、回復に回ったりと役目は色々あるんですよね。

やはり、賢者の回復能力はクレがいてこそのものですね。クレの多彩な持続回復があって初めて、生きる気がします。

そうそう、少し魔法抵抗の話を・・。(某ハゲさんにネタにされたんで。)
アリーナだとシクバフ以外ありなんで、大体平均するとチェインさんの魔法抵抗は1900-2000ってとこでしょうか。大抵の魔法はレジります。ちなみにペットのデメちゃんも1300くらいは確保済みです。
これがシージだとがくんと下がって本体1500-2000(バフ次第)、デメちゃんが1000-1200ってとこでしょうか。

ただやっぱりWizリパの攻撃は当たりやすいですね。
試行回数の多いクルセの光も結構当たります。
魔法抵抗これだけ高いのにあたるのかって話なんですが、やっぱりこの数値だけじゃなくてレベル差が大きい気がしますね。

某⑦様やみゅ○○ぁ様の攻撃はほぼよけれません。
レベル差が10くらいあるのが原因でしょう・・。追いつかないと。
しかし本体の魔法命中は抵抗程高くないので、互いに魔法レジっちゃって魔法職の殴り合いとかいう泥仕合も良く見かけるようになりました。
これがまた負けると悔しい。

前衛の人が外バフ用によく狩人やスナを作っていますが、
賢者で必要なのがマエとGMなんですよねぇ。
ペットのステが本体に反映されるので・・。
というわけで今はマエとGMをせっせこ作ってます。
GMが160なったら、地下とか相当楽になるだろうなぁ。

我がラペブログ

イベントも最後の週ということで、お題のほうも最後くらい乗ってみることにする。
別に今まで参加しなかったわけじゃなく、書こうと思いつつ書くのを忘れたまま、
締切が過ぎ去っていっただけなんですけどね。

 

なんでブログを始めたかとか、覚えてないですね・・・。
でも、Rappelz初めて1年目か2年目のころにははじめてた気がするなぁ。

過去の投稿を読んでると、今はいない人の話だったり過去の仕様の話だったり
懐かしいなぁ、と思い出しますね。

ソーサラだったころにシージで自分の動きを正当化するために(?)何を考えてどう動くか、
自分の中のセオリーを書きつらったことのが、一番の黒歴史でしょうか。

蟹HPの管理人は、私2代目なのですけれど、色々ありました。
Wikiだって、もともとはその延長線上で始まったことでしたし・・・。
公式のデザインに似たテーマを選んだらすっげー叩かれたのも今となってはいい思い出。笑
蟹Blogの動画も、皆の協力なしでは実現しなかったですし・・・。
感慨にふけってしまいました。

まぁ、一時期やることがなくて、PKに走ったこともありましたねぇ・・・。

基本的には、このブログで書いてることは言い訳なんですよねー。
だってピエロだしー。

なんか、このお題アレだよねー。
ブログの内容がサービス終了したから書いてる内容になっていってるw
というわけで、今後も2週毎とかって感じで可能な範囲で、気長に
常時イベントとして続けてほしいなぁ。

 

話超脱線しますが、イベントといえば、ラペでやってみたいイベントがあります。
やっぱり3つの種族と3つの町があって、一応クエストだと各種族はいがみ合ってる
設定になってるんだからさ・・・。
町を占領せよ!みたいなイベントとか。

個人的には定期的にロンド襲撃とか、都市遺跡を守れ!とかっていう
突発イベントがあっていいと思うんだよなぁ。
仕様的に厳しいなら、それこそマレ村を守れ!ってできるんだし。

PKギルド作ってロンド襲撃できなかったのは今でも心残りです。

もうちょっとこう、伏線回収しないの?っていう。
ストーリーもーちょっと大事にしませんか?そっちも楽しみにしてんだけどなぁ。

ラペって、いわゆるMMO的なストーリーのイベント要素少ないよね。
GM主導のイベントはたくさんあって、それはそれでいいんだけどさ、
ストーリーの中で定期的に発生するイベントとか、あったらいいのになぁ。

強いて欲をいうなれば、グラフィックの更新(当初は綺麗だったが・・・時代の流れは残酷だ)、
シージを軽くすること(4PT フルの坑道だと動けないとか・・・。)
MobのAI刷新でさ、戦闘に歯ごたえを出すとかさ・・・。

期待は尽きませんね。

© 2011-2017 マッドな言い訳日誌 All Rights Reserved © GALA JAPAN Inc. All Rights Reserved. © GALA Lab,Corp. All Rights Reserved. Supported by Kit-α Systems -- Copyright notice by Blog Copyright